入門~仕事で使える中国語、新HSK対策講座、プチ留学、個人レッスン!上海で中国語を学ぶなら漢院!
weixin.jpg

微信で最新情報をゲット!

中国語全日制コース 個人レッスン

ELCをご検討の方へ


ELC情報紹介
ELC申し込み
ELCその他
サイトで中国語学習

相互リンク募集中!

トップページにリンクしていただける方や、業務提携していただける方は、この下の欄に相互リンクさせていただきます。

メディア掲載

岐阜県の海外ビジネス人材育成事業の上海語学スクールにELCが指定されました!

岐阜県の海外ビジネス人材育成事業の上海語学スクールに
ELCが指定されました!

アジアを中心とした海外で活躍できる人材を育てる
『海外ビジネス人材育成事業』では研修生に選ばれた20・30代の
12人が上海や香港で4ヵ月間、学んだ後アジアの国で就業体験を行い、
来春の採用を目指すプログラムです。

その上海の語学学校に選ばれたのがELC!

選ばれた12人はELCで7月全日制中国語コースで中国語を学習します。
頑張ってゼヒ中国語を習得していただきたいです!

【新聞記事の内容】
アジアを中心とした海外で活躍できる人材を育てる「海外ビジネス人材育成事業」の開講式が16日、岐阜市内で行われ、研修生に選ばれた20、30歳代の12人が「海外で通用する技能を身につけたい」と決意を述べた。事業は県の主催で、海外での仕事を希望しながら機会に恵まれない若者と、海外で活躍できる人材を求める県内企業を結ぶのが目的。研修期間は9か月で、中国で4か月間の語学研修を受けた後、現地での就業も体験する。
(福島利之)

 県によると、長期の海外研修を含めた人材育成の取り組みは、全国的にも珍しいという。事業費は約7000万円で、実際の研修は人材派遣会社「パソナ」が請け負った。

 事業には県内外から78人が応募し、県内や愛知県、東京や大阪などの男女計12人が研修生に選ばれた。年齢は22歳から35歳までで、台湾など海外で働いた経験がある人もいれば、この春に大学を卒業しながら就職が決まらなかった人もいる。

 これに対し、海外に進出する県内企業からは、タイルや刃物、機械メーカーなどの27社が来春の採用を前提に12人の研修の受け入れを表明した。研修生は上海や香港で4か間、中国語か英語を学んだ後、北京や香港、シンガポールなどで2か月間、実地の就業体験をし、両者の条件が合えば来春にも採用となる。

 開講式では研修生それぞれが抱負を述べた。今年3月まで「美濃和紙ブランド協同組合」に勤めていた美濃市の村井星等せいらさん(29)は、特産の美濃和紙を海外に紹介する人材がいないことを痛感し、応募。「上海で中国語を勉強し、岐阜のモノ作りの力になりたい」と語った。

 今春大学を卒業し、就職が決まらなかった愛知県一宮市の葛谷寿華くずやとしかさん(23)は「研修の中で自分に何ができるのか見極めたい」と意気込んだ。

 県労働雇用課の西垣功朗課長は「若者の雇用と県内企業の人材確保を図り、県内産業の振興につながれば」と期待している。




2010年4月号のWhenever特集記事に掲載して頂きました!





2010年2月12日号、うめこたさまの川柳が掲載されている広告です!





2010年2月5日号、うめこたさまの川柳が掲載されている広告です!





2010年1月29日号、オオクラさまの川柳が掲載されている広告です!




2010年1月22日号、hengshan-Xさまの川柳が掲載されている広告です!




2010年1月15日号、蘇州ペン太さまの川柳が掲載されている広告です!




2009年12月18日号、ジャピオンのサイボウズ×ELCコラボ広告です。




2009年12月3日号、 らくらくプレスにて紹介されました。




2009年11月20日のジャピオンで紹介されました!





2009年8月21日ジャピオンにて掲載されました!





2009年4月号、 コンシェルジュ上海の学校特集で紹介されました!




2007年6月号、コンシェルジュ上海に掲載されました。




2006年9月号、コンシェルジェ上海に掲載されました。

2006年9月号、コンシェルジェ上海全文は画像をクリックすると別ウインドウが開き読むことができます。















2006年8月号、チャイナビワークスマガジンに掲載されました。

2006年8月号、チャイナビワークスマガジン全文は画像をクリックすると別ウインドウが開き読むことができます。















2006年5月12日号、上海ジャピオンに掲載されました。




2005年11月のジャピオンに掲載されました。




2005年11月の上海ウォーカーに掲載されました。




2005年11月のコンシェルジュに掲載されました。